婚活が上手くいくためには?

あなたの婚活が今よりも上手くいくための具体的な行動についてご紹介します。

出かける場所を変えてみる

合コンやクラブなどで出会いを探しているけど、なかなか上手くいかないという人は、より結婚相手にふさわしい人たちがいる場所を探してみましょう。

例えば友達に結婚したいということをアピールすれば、あなたにぴったりの相手を紹介してくれるかもしれません。

同窓会は意外な出会いの穴場ですし、最近では婚活パーティーやお見合いパーティーなども盛んに催されています。

出会いが見つかりそうなイベントがあれば、ぜひ参加してみましょう。

あなたの周りの環境を変えれば、出会いのチャンスも広がりますよ

婚活の方法を変えてみる

結婚相手はインターネットを活用して見つけることもできます。

大手婚活サービス会社が首都圏・関西圏の20歳~36歳男女1,374名に実施した婚活に関する調査によると、「交際相手との出会いのきっかけ」という質問に対し、およそ10%前後が「インターネットで出会った人と恋人になったり結婚した」と回答しています。

スマホやパソコンが普及したいま、インターネットでの出会いは決して珍しいことではありません。

今の職場や友達の紹介に期待できない人は、婚活サイト・アプリや結婚相談所などの婚活サービスに新規登録してみてはいがかでしょうか?

婚活サービスを利用している人たちの多くは、真剣に結婚を考えているので、意外と短期間で素敵な出会いが見つかる可能性があります

ネット婚活に抵抗を感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、大手ブライダル企業が運営しているサービスであればセキュリティーもしっかりしていますし、登録者数も多いため、出会える可能性も高くなりますよ。

自分の強みを知る

婚活も就職活動と同じで、あなたの強みや魅力をアピールしていくことが大事です。

美人だったり、スタイルの良い人だけが男性にモテて、すぐに理想の相手と結婚できるわけではありません。

容姿に自信がない人でも、自分の魅せ方がわかれば、どんな男性にも良い印象を与えることができます。

自分自身気づいていない強みについては、知人に客観的にあなたのことを聞いてみるといいでしょう。

インターネットの無料の性格診断もおすすめです。意外と自分の短所だと思っていたところが強みになっていたりするので、相手によっては魅力的に見えるケースもありますよ。

結婚相手のストライクゾーンを広げる

理想が高すぎたり、条件が厳しすぎる人は、いったんその基準を緩めてみましょう。

婚活が上手くいっている人は、理想と現実のバランスをしっかり取っているという共通点があります。

出会った男性のスペックがあなたの希望に満たなかったとしても、実際にお付き合いして、相手のことをよく知ったら結婚したくなった、というのはよくある話です。

譲れない条件や希望はあったとしても、結婚相手を見つけたいなら、それらはあくまで目安にとどめておくようにしましょう。

婚活を一旦やめて休んでみる

婚活の平均的な活動期間は約1年と言われています。

もしあなたが1年以上婚活を続けているのに、未だに出会いがないのであれば、それは婚活疲れが原因かもしれません。

そういうときは思い切って婚活を休むのも大事。運動に適度なインターバルが必要なように、婚活にも一息つく時間は必要です。

ただし、婚活休みは次に再開するためのリフレッシュであって、サボるために休むのではありません

友達に婚活の愚痴や悩みを聞いてもらったり、婚活経験者にアドバイスをもらったりと、次に婚活を再開した時にスムーズに進められるようにしておきたいですね。



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です