アラサー婚活の理想と厳しい現実

近年の日本では男女ともに初婚年齢が高くなっています。厚生労働省の人口動態統計によると平成13年の平均初婚年齢は男性29.0歳、女性27.3歳となっていました。しかし平成26年には男性31.1歳、女性29.4歳という結果になり、男女ともにアラサーで結婚するというのが一般的という時代になってきているのです。

それでも「アラサー婚活は厳しい」や「アラサー婚活うまくいかない」という声が多く上がっているのも現状。アラサー婚活でうまくいかない人といく人の間にはどんな違いがあるのでしょうか。

「アラサー婚活はうまくいかない」という悲しい声が「アラサー婚活で成功した」という声に変わるよう、婚活でうまくいかないという人の共通点を探っていきましょう。

女性で「うまくいかない」理由

まずアラサー女性がうまくいかないという理由を探っていきます。一般的に女性の方が、相手に求める条件は多いようです。これまでモテた経験のある女性ほど、この厳しい条件を求めてしまう傾向にあります。なぜ過去にモテた経験があると婚活でうまくいかないのでしょうか。

婚活相手への条件が厳しい

結婚相手にある程度の条件を求めるのは当たり前のこと。一般的には女性の方が婚活相手に求める条件は多いようです。これまでモテた女性ほど、さらに厳しい条件を求めがち…。

せっかく婚活で相手を見つけても「もっと自分にあった相手がいるはず」と考え始めたら赤信号のサイン。アラサー女性婚活者が陥りやすいポイントです。逃した魚は大きかったとならないよう、気をつけて婚活を進めていきましょう。

 

仕事ばかりで自分を磨かなかった

近年は女性も当たり前のように仕事で活躍していますね!仕事をバリバリ進めることが楽しいという女性も多くいらっしゃいます。それ自体は喜ばしく素晴らしいことです!しかし今の日本の現実では、「仕事も結婚も子供も全てうまくいかせたい」というのは厳しい状況です。

また、仕事に熱中しすぎて、女性らしさも忘れてしまっては婚活すら厳しくなってしまいます。アラサーという忙しい時期でも、婚活や仕事の両立ができるバランス感覚を養っておき、後で「うまくいかない」なんてことがないようにしておきたいものです。

アラサーの自覚がない

婚活の現場では「若さ」が大きな武器になってきます。若い頃から年齢を武器にすれば、多くの異性にアピールすることが可能でしょう。ですが、アラサーの婚活では「若さ」を武器に戦うのは難しくなっています。むしろ婚活の場では「うまくいかない」原因になっていしまうこともあります。

しかし努力をしても年齢という数字は取り戻すことができません。そんな時にはアラサーであることを受け入れて、別の武器を持って婚活に挑むことが必要となるでしょう。ここで自分がアラサーということを受け入れられないと、いつまでもアラサー婚活の厳しい現実にぶつかったままかもしれません。



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です